関節治療センター

関節治療センター、千葉県柏市、名戸ヶ谷病院、國府幸洋

2019年12月、主に人工関節治療などの専門的な関節治療を必要とする方々へ「専門性に基づく高度先進医療を提供すること」を目的とし、これまでの人工関節に関する診療体制を再編し、当院整形外科内において関節治療センター(従来の人工関節センター)を設立しました。

 

患者さん一人ひとりの病状に応じて、薬物療法、リハビリ(装具等を含めた)、手術治療を適切に行うことで、これまで以上に高度で質の良い医療を提供できるよう、診療体制の充実に努めます。

 

当センターは、千葉県における東葛北部医療圏(柏、流山、松戸、野田、我孫子市)において、人工関節による治療を含めた関節治療において、中心的な役割を果たせるよう病院の理念に則り、質の良い高度な医療の実現に取り組んでまいります。

 

副院長・整形外科部長 國府 幸洋

当センターの特徴


身体に負担の少ない

低侵襲治療(MIS)


当センターでは、原則として筋肉等の組織を切離・切除しない最小侵襲手術(MIS)による人工関節治療を実施しています。手術後の痛みを最小限に抑えられるように、徹底した多角的疼痛管理を行っています。

 

対応関節:人工膝関節/ 人工股関節リバース型人工肩関節人工肘関節人工手関節/ 人工指関節に対応。

専門性に基づく

高度な医療


幅広い疾患と関節を患う方々に対応するため、各部位(関節)に精通した整形外科専門医・臨床研修指導医を中心に、総合的で質の高い医療を提供します。

 

良質で高度な医療の実践だけでなく、より優れた治療成績・周術期管理を目指した臨床研究にも取り組んでいきます。

チーム医療と多職種連携による安心安全な医療


整形外科医師、看護師や薬剤師、リハビリ(理学療法士、作業療法士)、関連スタッフとの多職種連携を通じたチーム医療によって、包括的で安心・安全な医療を実践します。

先進医療機器・再生医療の導入


新生・名戸ヶ谷病院では病院理念に則り、余すことなく先進医療機器を導入しています。他院で導入されている医療機器は勿論、術前シミュレーション、術中ナビゲーションに対応した最新医療機器を導入しています。

人工関節によらない治療法(再生医療、自家培養軟骨移植など)の導入を通じ、関節治療に関する選択肢の幅を広げます。


関節治療センター、千葉県柏市、名戸ヶ谷病院、國府幸洋、整形外科

主な人工関節−対応疾患


当院では、人工関節を用いた治療を必要とする、多種多様な疾患に対応しています。

膝関節・股関節


  • 関節変性疾患(変形性膝関節症、変形性股関節症など)
  • 外傷性疾患(外傷性大腿骨頭壊死症、大腿骨頭脆弱性骨折、脛骨高原骨折などの膝関節内粉砕骨折など)
  • その他(特発性大腿骨頭壊死症※、急速破壊型股関節症、大腿骨内顆骨壊死、人工関節置換術後の弛み・摩耗・破損など)

肩関節・肘関節・手関節・指関節


  • 関節変性疾患(腱板断裂症性肩関節症、変形性肩関節症、変形性肘関節症、変形性手関節症、変形性指関節症など)
  • 外傷性疾患(上腕骨近位端・遠位端などの関節内粉砕骨折、肩・肘関節脱臼骨折(粉砕型)、外傷性上腕骨頭壊死など)
  • その他(上腕骨頭壊死、人工関節置換術後の弛み・摩耗・破損など)

最小侵襲手術−エム・アイ・エス(MIS: Minimally invasive surgery)−


MIS(エム・アイ・エス)は、正常な組織(筋肉や腱、皮膚等)の損傷を最小限にした手術です。


MISの特徴】

     1.早期機能回復、入院期間の短縮

     2.手術直後の痛みが軽減される   


当センターで行う人工関節手術では、積極的に最小侵襲手術、通称エム・アイ・エスMISMinimally invasive surgery)を取り入れています。


多角的疼痛管理


痛みの軽減や術後リハビリの早期開始、早期退院、そして早期社会復帰を目指しています。近年、術後の痛みを最小にする周術期疼痛管理(術中カクテル注射、弱オピオイド鎮痛薬などの使用)や身体に優しい麻酔法など、手術に関連するあらゆる侵襲を最小にする試みがなされており、当院でも積極的に導入しています。


関節治療センター  −外来診療担当医表−


時間/曜日

診察室

番号

午前 1 國府 幸洋  ―  ― ―  國府 幸洋

  國府 幸洋

 9:00-12:00 2 廣瀬 恵介  ― ―  ―   ― 廣瀬 恵介
午後 1  ― 國府 幸洋 ―  ―  ― 
14:00-17:00  2 ―  廣瀬 恵介 ―  ―  ― 

※ 一部、予約制  ※ 土曜、午前:國府医師は第1、3週のみ

※ 紹介状をお持ちの方は、予約無しでも受診いただけます。