人工肘関節置換術  −最新のMIS: 最小侵襲手術を柏で−

人工肘関節とは


人工肘関節置換術は、痛みの原因となる擦り減りや変形を生じた関節表面を取り除いて、人工の肘関節(インプラント)に置き換える手術です。

 

インプラントは大きく上腕骨と尺骨の2つに分けられます。この2つは金属製ですが、蝶つがい部分の素材は、耐久性に優れた超高分子量ポリエチレンでできており、これが軟骨の代わりになります。

 

この人工肘関節によって関節の痛みを解消し、スムーズな肘関節運動を可能とすることで、正常な関節機能に近づけます。

 

当センターにおける人工肘関節置換術の特徴


当院では、関節治療センターとリウマチ・手外科センターが併設されており、専門性を要する人工肘関節治療に対応が可能です。県内外の医療機関から紹介患者さんの受入れや、病診連携を通じた医療連携を推進しています。

【重度の肘外傷や難治性偽関節に伴い、人工肘関節の治療が提案された方へ】

 人工肘関節を用いた治療には、経験豊富な専門医による診断と手術が必要です。

  

 ▷▷▷出来る限り早急に対応いたしますので、「人工肘(ひじ)関節治療について」と病院代表より整形外科担当者(千田)までお問い合わせください。当院を受診の際、可能であれば診療情報提供書(紹介状)、お手持ちの画像データ(データCD、またはフィルム)をお持ちください。

身体に負担の少ない

低侵襲治療(MIS)


当センターで行う人工肘関節置換術では原則として、筋肉等の組織を切離・切除しない最小侵襲手術(MIS)による人工関節治療を実施しています。手術後の痛みを最小限に抑えられるように、徹底した多角的疼痛管理を行っています。

 

対応関節:人工膝関節/ 人工股関節リバース型人工肩関節人工肘関節人工手関節/ 人工指関節に対応。

関節リウマチ治療に対応

−薬物治療から手術治療まで−


当院では、関節リウマチに伴う変形性肘関節症の方の薬物治療もサポートします。内科と連携し、従来の抗リウマチ薬に加え、最新の生物学的製剤やJAK阻害薬による治療も行っています。入院後も、前医で導入された関節リウマチ治療の継続が可能です。

 

手術後はかかりつけ医との病診連携も積極的に行っています。

 

多彩な職種によるチーム医療

−個別化医療との両立


進化を遂げる治療体系と多様化する価値観に対応するため、専門的知識を有する手外科専門医、日本リウマチ財団登録医・日本リウマチ財団登録看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、薬剤師など多職種による連携のとれたチーム医療を実現します。

 

当センターでは、患者さん個別の病状に応じて治療方法を検討し、最適な治療方法を提案します。


主な適応疾患


当センターでは人工関節を用いた治療を必要とする、多種多様な疾患に対応しています。

 

 関節変性疾患   変形性肘関節症、関節リウマチに伴う関節変形・関節破壊・強直肘など
外傷性疾患   上腕骨遠位端骨折、上腕骨通顆骨折、肘関節脱臼骨折(高齢、または粉砕型)など
その他   人工肘関節置換術後の弛み・摩耗・破損・感染、人工肘関節周囲骨折など

肘関節の痛みでお悩みの方は、専門医による診察を受けてください。

問診やレントゲン撮影、CT(3次元画像など)検査を行い、専門医が的確に診断します。

 

また、治療方針の決定にあたっては、最良の治療が行えるように患者さまと一緒に十分なインフォームドコンセント(説明と同意)を行います。

  【変形性肘関節症に対する人工肘関節置換術】

説明)変形性肘関節症において、薬物療法(消炎鎮痛剤の内服や鎮痛外用薬)で十分に痛みがコントロール出来ない場合や、変形に伴う可動域制限が強い場合、人工肘関節置換術による手術治療が有力な治療選択肢となります。

  【粉砕型・上腕骨遠位端骨折手術後の内固定破綻に対する人工肘関節置換術】

説明)高齢者や極度の骨粗鬆症患者では、上腕骨遠位端骨折の手術(観血的整復内固定術)後に内固定の破綻をきたす場合があります。ヒンジ機能付きの創外固定を併用する方法もありますが、骨癒合にかかる期間や複数回手術の身体的負担を考慮した場合、人工肘関節による治療方法が最も効果的、かつ円滑なリハビリテーションの進展が期待できます。

  【長期間が経過した難治性上腕骨遠位複合損傷(偽関節)に対する人工肘関節置換術】

説明)肘関節周辺の骨・関節外傷では、解剖学的整復と骨癒合に加え関節機能(関節の可動性)の回復が求められます。偽関節(骨が癒合しない状態)となった場合、骨移植や再手術(偽関節手術)を検討します。しかし、再手術により骨癒合が得られたとしても、肘関節の動きに制限(関節拘縮)が残りやすいため、さらに関節授動術を要することが少なくありません。

 

初回手術後、長期間が経過した難治性偽関節には、人工肘関節による治療が有力な治療選択肢となります。

担当医師からのメッセージ


肘が痛い、あるいは十分に動かない、十分に力が入らないといった症状が出てきた場合、生活する上で様々な支障が出てきます。

 

肘関節が十分に機能しない場合、例えば顔まで手が届かないと首に負担(※ 関節リウマチの方では、首への負担から頚椎の変形・亜脱臼の悪化などから脊髄麻痺を生じる場合があります。)がかかったり、肩を痛める原因になったりします。特に、両肘の痛みや動きが悪いと生活に不自由なだけでなく、介護無しで生活していくことが困難となります。

 

取り返しがつかないほど肘の病状が悪化してしまう前に、是非、専門医の診察を受けてご自身の状態を相談してください。 

 

関節治療センター(肘関節対応)  −外来診療担当医表−


時間/曜日

診察室

番号

午前 1 國府幸洋  ―  ― ―  國府幸洋

  國府幸洋

 9:00-12:00 2  ― ―  ―   ―
午後 1 國府幸洋 ―  ―  ― 
14:00-17:00  2 ―  ―  ―  ― 

※ 一部、事前予約制  ※ 土曜、午前:第1、3週のみ

※ 紹介状をお持ちの方は、予約無しでも受診いただけます。

当院、リウマチ・手外科センターでの治療に関するご紹介